新しい家族を待つ保護犬達に、自由に走り回れるドッグランを!クラウドファンディングスタートしました!

おはようございます!

だし屋です( ̄ー+ ̄)キラリ

気にある台風9号。

多少、東にそれましたね・・・。

しかし、今日から明日にかけて九州地方に接近する恐れがあるそうです。

沖縄地方では大きな被害が出ているようです・・くれぐれもお気をつけ下さい。

 

さて!

本日、どうしてもご紹介したい事がございます。

こちら↓

新しい家族を待つ保護犬達へ、

自由に走り回れるドッグランを!

 

9月1日から、クラウドファンディングに挑戦しております。

こちらは、NPO法人 その小さないのち守りたいプロジェクト、(以下「いのちプロジェクト」)と言いまして

静岡市に拠点を置き保健所などから犬猫を保護し、病院にて医療を施して保護犬猫たちを

家族の一員として迎えてくださる里親様へ譲渡をして「いのち」をつないでいく活動をしています。

また、動物愛護の啓蒙活動として犬猫の現状などをお伝えするパネルの展示やふれあい訪問活動なども行っております。

終生愛育、犬猫の殺処分・虐待ゼロを目指して活動をしています。

 

だし屋も、あるところでこのパネル展示を見て、現状を知り、このプロジェクトのお手伝いが出来ればと

微力ながら、募金活動やマルシェなどでも売り上げの一部を寄付させて頂いております。

 

そして、今回もクラウドファンディングはでは、第一目標金額を130万円とします。

飼育放棄など悲しい過去を背負い、警戒心が強く譲渡困難な保護犬達のトレーニングや運動の場となるドッグランを建設し

また、緊急でレスキューした際の一時受け入れ場所となるシェルターを整備し、新しい家族へつなげる場を実現できるように尽力します。

この目標金額はあくまで、第一目標であり、それ以上のご寄付があれば、もっと、充実した施設になるのです。

本当に、この現状を知ったら・・・涙が出てきました。

ペットは家族だったはずなのに、人間の勝手な理由で飼育放棄され心を閉ざしてしまったり、利益優先のため繁殖犬として酷使された純血種がいたり・・。

 

そして、大きな社会的問題にもなっている現状。

ペットショップへ絶えず犬を陳列させるため無理な繁殖をし手に負えなくなり廃業し犬たちだけが取り残されるケース(ブリーダー崩壊)。

また、”歳を取ったから”・”吠えてうるさい”・”引っ越しするから”と犬を捨てる飼い主。

そして、野に捨てられた犬同士が繁殖し増えていく問題。

野犬は新渡戸の恐怖心・警戒心が強く保護をするのにも大変な労力が要ります。

この「いのちプロジェクト」は、ボランティアの方々、そして、保護犬を譲渡してくださる方々の暖かい気持ちによって

その子たちの為に、こうしたプロジェクト、クラウドファンディングに挑戦をしているんです。

 

皆さん、ぜひ!

ご協力ください!

そして、多くの拡散をお願い致します。

 

この現状を、大勢の方々に知ってもらう為に!そして、その大きな問題を少しでも、少しずつでも解決するために!

宜しくお願い致します。

 

新しい家族を待つ保護犬達へ、自由に走り回れるドッグランを!クラウドファンディングはこちら↓

https://readyfor.jp/projects/inochiproject※クリックで移動します。

 

こちらのクラウドファンディングの内容を、読んでみてください。

もっと、しっかりと、詳しく、現状が書かれています。

心から宜しくお願い致します。

 

それでは皆さん。

ごきげんよう!